南山法律事務所
098-996-1564
沖縄県八重瀬町伊覇291-1(国道507号線沿い)
定休日:土日・祝祭日(定休日も事前予約で相談対応可)
コラム
098-996-1564

Web 相談予約

〒901-0405
沖縄県八重瀬町伊覇291-1
コラム
2018.07.06
お知らせ

先日6月27日、警視庁警備部災害対策課が『水で作る「カップ焼きそば」』について、twitterにて紹介していました。投稿内容によるとどうやら水で作るシリーズはこれが2回目で、昨年は水で作るカップ麺を紹介していたようです。

 

この投稿を受けて、当事務所においても、早速挑戦をしてみました。

今回使用したのは、明星一平ちゃん~夜店の焼きそば~です。

 

まずは、パッケージを開封し、通常熱湯を注ぐように水を注ぎます。

 

熱湯では3分のところ、水で作っていることから、まずは10分待ってみました。

そして10分が経過。

 

10分経過の時点では、ただただ水に麺が浸かっているだけの状態です。

少しほぐしてみたところ、麺全体がお箸に付いてくる感じです。

 

 

そして、警視庁twitter紹介の20分が経過しました。

なんと、なんと!!

麺を持ち上げてみると熱湯3分の時と同じ感覚になっていました。

 

 

味付け前の麺を試食したところ、しっかりとモチモチになっており、いつもの(熱湯)カップ焼きそばと同じ食感でした。

警視庁twitterのとおり、20分で出来上がりました。

ここからは、熱湯で作るカップ焼きそばと同じ要領で、水切りをし、附属のソースを絡めて出来上がりです。お好みでマヨネーズも・・・。

本当に、水でカップ焼きそばが出来てしまいました。

麺の食感も、味も何ら熱湯と変わらず出来てしまいました。むしろ、沖縄の水道水の温度のせいか、少し延び気味でした。もう少し短い時間の方がよかったかもしれません。

 

今日現在、西日本を中心に過去の記録を上回る猛烈な大雨が続いております。

東海、北陸、近畿地方などで、すでに避難指示・勧告がだされている地域もあり、気象庁は今後、大雨特別警報を発表する可能性があるとしています。大雨は8日にかけて続く見通しで、土砂災害や河川の増水・氾濫、低地の浸水に厳重に警戒するよう呼びかけています。

 

さらに、台風第8号(マリア)が勢力を増しながら、沖縄本島に接近しております。

気象庁の最新予報(2018年7月6日12時45分)では、7月9日午前9時時点で【中心気圧:905hPa、最大瞬間風速:80m/s】となっております。沖縄本島に上陸する頃には、更に勢力が増している恐れもあるという状況です。

 

ご自身の地域、また最新の防災情報をチェックし、早めの対策・対応をお心掛けください。

■最新の情報は以下気象庁HPよりご確認下さい。

■気象庁HP>防災情報

http://www.jma.go.jp/jma/menu/menuflash.html

 

なお、政府広報オンラインでは、暮らしに役立つ情報ページにおいて、大雨や台風への備えや既に警報、注意報が発表されているときの対応等が紹介されています。

■「大雨や台風の気象情報に注意して早めに防災対策・避難行動を行いましょう」(政府広報オンライン)

https://www.gov-online.go.jp/useful/article/201206/1.html