南山法律事務所
098-996-5104
沖縄県那覇市国場979番地4(国道507号線沿い)
定休日:土日・祝祭日
コラム
098-996-5104
Web 相談予約
〒902-0075 沖縄県那覇市国場979番地4
コラム
2021.11.05
コラム

 

みなさんは災害用伝言ダイヤル【171】をご存じですか?

今回は、災害用伝言ダイヤルについて、また先日の体験利用日に実際に利用してみましたので、その体験報告をさせていただきたいと思います。

 

■災害用伝言ダイヤル【171】とは?

自然災害の発生により、被災地への通信が増加し、電話などがつながりにくい状況になった場合、

提供が開始される声の伝言板です。

 

■何ができるの?

災害用伝言ダイヤルでは、「録音する」ことと「再生する」ことが可能です。

被災地の方は171に電話をかけ、ガイダンスに添って、電話番号の登録とメッセージの録音を行います。

一方、被災地にいる方の安否確認や、メッセージが残っていないかを確認したい方は、171に電話をかけ、ガイダンスに添って進めていくことで、登録されたメッセージを再生し、聞く事ができます(再生をする場合は、被災地にいる方の電話番号をお手元にご用意ください)。

 

■災害時しか利用できないの?

災害用伝言ダイヤルは、通常、災害発生時に開始されるサービスですが、災害発生時に備えて事前に利用方法を覚えていただくことを目的として、「体験利用日」が設けられています。

【体験利用日】

・毎月1日、15日 00:00~24:00

・正月三が日    1月1日00:00~1月3日24:00

・防災週間     8月30日9:00~9月5日17:00

・防災とボランティア週間 1月15日9:00~1月21日17:00

 

※体験利用では、録音時間や伝言保存期間の制限がありますので、詳しくはNTTのHPをご確認下さい。

 

■災害用伝言ダイヤルを体験してみました

ここからは、先日10月15日の体験利用日を使って、実際に災害用伝言ダイヤルを利用してみましたので、その報告をさせていただきます。

 

普段使っているスマートフォンで、まずは録音から。

171にかけると、ガイダンスが流れます。

ガイダンスに従って進めていくと、「被災地の電話番号をダイヤルしてください」という案内が流れます。

「電話番号・・・?携帯番号でも大丈夫かな?」

と少し不安になりつつ、携帯番号をプッシュ。

携帯電話でも特に問題はなかったようで、さらにガイダンスは続き、メッセージ録音についての案内が流れます。

今回は、体験だったのでそのままのメッセージ「体験です。試しに災害用伝言ダイヤルを使ってみました。」と録音し、これにて録音終了です。

 

次は、録音したメッセージを確認するために、再度171にダイヤル。

録音時と同様、ガイダンスが流れ、それに添って進めていくと、被災地の電話番号を求められます。

先程録音した際に、自分自身の携帯番号を登録していたので、その番号をプッシュすると、続いて再生についてのアナウンスが流れ、その後、先程録音した私の声が流れました。

 

録音、再生ともに、それぞれガイダンスに添って進めていくので、あまり迷うことなく、また録音~再生までかかった時間は5分弱と、とても簡単に行うことができました!

 

体験後、早速、遠方にいる両親と姉にこのダイヤルの存在を報告。

姉には今日にでも家族で体験してみるよう促し、両親は少し高齢なので、次に帰省するタイミングで一緒に体験してみよう、と約束しました。

 

 

災害伝言ダイヤルの存在を知っているか否か、また体験したことがあるかないかで、災害発生時の動き方が変わると思います。

百聞は一見にしかず。

万が一の災害時に備え、災害グッズの準備と併せて、家族、友人間で体験してみてはいかがでしょうか。

 

※上記、災害用伝言ダイヤル体験について報告をしましたが、みなさんにも是非体験していただきたく、ガイダンスのプッシュ番号や詳細については、あえて伏せさせていただきました。

 

NTTのHPでは、利用方法やよくあるQ&A等が掲載されております。

こちらも併せてご確認ください。

■NTT西日本「災害用伝言ダイヤル(171)

https://www.ntt-west.co.jp/dengon/

 

<事務局>